おまけ

(仮称)磐城平城・城跡公園 整備構想図 いわき市が発表しました!


現在、いわき市は磐城平城本丸跡とその周囲(約1.5ヘクタール)を公有地化し、『(仮称)磐城平城・城跡公園』とする計画を進めています。このイラストはいわき市が発表した同公園の構想図です♪
 
住所:福島県いわき市平字旧城跡
画像出典元:(仮称)磐城平城・城跡公園整備構想図(平成29年8月)より、一部抜粋
 

 ●飯野平城跡 初代磐城平城主が仮住まい♪


中世の磐城を治めた岩城家の本城跡です。同城には初代磐城平城主・鳥居忠政も磐城平城が完成するまで仮住まいしたと言われています。ちなみに忠政が飯野平城を本城としなかった理由は「古い」「手狭」「新築が良かったから」という可能性があります!
 
住所:福島県いわき市好間町下好間大館 

  
 

長源寺 初代磐城平城主、ゆかりの寺です


初代磐城平城主・鳥居忠政の父・元忠の菩提寺です。慶長5年(1600)伏見城の戦いで徳川家康の家来だった元忠は討ち死にします。徳川秀忠はその功績を認め、元忠の菩提を弔う長源寺を息子である忠政に建立させたのです。
 
住所:福島県いわき市平字胡摩沢130               

 
 

子鍬倉神社 磐城平城と城下町の守り神です!


磐城平城の守り神「磐城平城三社」の一社です。慶長8年(1603)社地が磐城平城の領域になり、廃社同然になったと伝わっています。その後、第4代磐城平城主・内藤義概により現在の地に復興、城下の鎮守社にも指定されます♪
 
住所:福島県いわき市平字揚土30    

 
 

沼之内弁財天 第7代磐城平城主、風神と雷神の像を寄進♪


いわき市民に「沼之内の弁天様♥」と親しみを込めて呼ばれている沼之内弁財天です。磐城平城主との繋がりもあり、第7代磐城平城主・内藤政樹は延享4年(1747)に風神、雷神の像を寄進しています♪
 
住所:福島県いわき市平沼ノ内字代ノ下104

 
 

良善寺 磐城平城主を務めた安藤家の菩提寺です


磐城平城主を務めた安藤家の菩提寺です。創建は元和7年(1621)上野国(群馬県)高崎の藩主だった安藤重信の菩提を弔う為、高崎の地に建立されます。宝暦6年(1756)安藤家の磐城平転封に伴い、同寺も移転、改めて建立されます。
 
住所:いわき市平字古鍛冶町107

 
 

掻槌小路門 現存する磐城平城の城門!


磐城平城の南西にあった城門・掻槌(才槌)小路門です。磐城平城の建築物は大半が明治維新の際に取り壊されましたが、こちらの城門はいわき市内の民家に移築され現存しています。大変、貴重な城門です!
 
住所:福島県いわき市某所 

 
 

松ケ岡公園 第13代磐城平城主・安藤信正の銅像あります♥


いわき市民の憩いの場・松ケ岡公園、その地に第13代磐城平城主にして江戸幕府の老中も務めた安藤信正の銅像があります。大正11年(1922)に設置、太平洋戦争中に金属類回収令により撤去されましたが、昭和37年(1962)再建されます。
 
住所:福島県いわき市平字薬王寺台3

 
 

龍が城美術館 磐城平城の関連品が多数展示♪


磐城平城の別名「龍が城」を名前に付けて昭和54年(1979)に開館、第13代磐城平城主・安藤信正が文久2年(1862)水戸浪士らに襲撃された坂下門外の変の際に着用していた裃、信正の護衛が使用した名刀・坂下丸(國光)などを展示してます!
 
住所:福島県いわき市平旧城跡27 現在、残念がら休館中です・

 
 

磐城平城模型 縮尺454分の1スケールで作製!


いわき市の永山暢重さんが作製した磐城平城の模型です。大きさは縮尺454分の1スケール、完成まで5年を費やしたと言います。地形、櫓、城門、石垣など、ひとつひとつが丹念に作り上げられており、磐城平城マニアの心を奪います。
 
いわき市暮らしの伝承郷『磐城平城下の町Ⅲ展』(平成24年7月〜8月)より

 
 

DVD『磐城平城下町』 CGによりお城が復元されました♪


磐城平城と城下がCGで復元されており、往時の姿を堪能出来ます。圧巻は磐城平城を上空、城下から見る映像が目を見張ります。また磐城平城の歴史も紹介しており、築城から廃城までの経緯も分かります。いわき市民、磐城平城マニア、必見のDVDです!
 
発売:株式会社バーチャル・ハーモニー